« 専門技術職の難しさ | トップページ | 看護助手の時給は850円 »

ポーターおばさん

 病院内でA地点からB地点まで、書類や薬を運ぶのは気送管システムが使われている。

 病院に来る前にもこういうシステムがあることは知っていたが、どうして真空ポンプやブロワーを使って、薬剤やカルテが入ったカプセルをA地点からB地点まで搬送するのか、不思議で仕方がなかったが、こちらに来て、そのシステムを実際に見て、ようやく分かった!

 これだけでも病院に来た甲斐があると思ったが、病院にはもう一つ「ポーター」という病院内の運送屋さんがいる。定期的に病院内を回ってA地点からB地点まで書類や薬を運ぶ仕事をしている。

 そのポーターさんのなかに私と同年代のおばちゃんが一人いる。何でも少し前までリハビリ棟で受付事務をやっていた人らしいが、受付に3人もいらない、とくに年寄りは要らない、年も年だからポーターにでもすれば、イヤになって病院をやめるだろうということで、ポーターに配属されたらしいが、当人はいたって元気である。

 「絶対にやめない」とがんばっているが、そういうやめない勇気というのも必要なのかも知れない。

|

« 専門技術職の難しさ | トップページ | 看護助手の時給は850円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026161/21208726

この記事へのトラックバック一覧です: ポーターおばさん:

« 専門技術職の難しさ | トップページ | 看護助手の時給は850円 »