« 寄ってたかって | トップページ | 行くあてもなく »

インフルエンザをあなどるべからず

 こういう秘密の暴露をするのはどうかと思うが、もう20年以上も昔のことだから時効ということで目をつぶってもらいたいと思います。

 その昔、ある小学校にある教員がいまして、その教員の受け持っているクラスで、インフルエンザが流行し、学級閉鎖になりました。

 流行は、本当に突然で、前日には欠席が2名だったのが、その日には、10名を軽く越えてしまったので、学級閉鎖が急遽決まった。

 子どもに電話で学級閉鎖のことを連絡し、主欠簿を整理している時、教員はあることに気がついた。

 休んだ子どもたちの座席を見ると、T字型に並んでいる。つまり、最前列と教室の中央の子どもたちが、きれいに列を作って休んでいる。

 そのうち、T字型の中で休んでいない子どもが一人いることに気がついた。その子の親はPTAの役員をやっていて結構うるさい人だったので、その教員が無意識のうちに敬遠していた子どもだった。

 ここまで書けば、インフルエンザの菌をばらまいた“憎むべき犯人”が誰であるのか、分かりますよね。そうです、その教員の教室内の通路にそって子どもたちがインフルエンザに罹ってしまったのです。

 その教員、実は数日前から発熱があったのですが、無理をして学校に出てきていたので、こういうことになってしまったのです。

 熱があるんだったら、休めばよかったと思った時には、手遅れでした。

 このことから分かるように、インフルエンザの感染力は非常に高いのです。そういう点では、イヤな病気がはやりだしたなという思いです。

追伸

 これはまったくの余談ですが、現在の豚インフルエンザはメキシコからアメリカに感染が広がるにつれて、世界的な拡散を見せ始めている。

 インフルエンザの流行が隠された人間関係を明るみに出してしまうように、今回の流行でアメリカ人と本当に仲のよい国はどこで、仲が良さそうに見えて案外そうではない国がどこであるのか、あぶり出されないように。そして、後になって、「どうしてボクだけインフルエンザにかからなかったの?」という衝撃的な質問をされないように、願っております。

 

      

|

« 寄ってたかって | トップページ | 行くあてもなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1026161/29391297

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザをあなどるべからず:

» パチン-コ最高ーーー!!! [啓次]
ここで稼いだ金を使って毎日パチ打ちまくってるよwwww まともに仕事しなくても余裕だしウハウハすぎwwww [続きを読む]

受信: 2009年5月 2日 (土) 22時19分

« 寄ってたかって | トップページ | 行くあてもなく »